だれが修復腎移植をつぶすのか:日本移植学会の深い闇

タイトル だれが修復腎移植をつぶすのか:日本移植学会の深い闇
著者名 高橋 幸春/著

 


内容紹介

患者に慕われるカリスマ医師はなぜ汚名を着せられたのか?

透析患者の希望の光であり、世界的な新潮流である修復腎移植の道を、なぜ日本移植学会と厚労省は閉ざすのか?

医療界のタブーに迫る本格的ノンフィクション

著者紹介

早稲田大学第一文学部を卒業後、ブラジルへ移住。

帰国後フリーライターとして活動。

「蒼氓の大地」で講談社ノンフィクション賞受賞。

著書に「悔恨の島ミンダナオ」「絶望の移民史」など。

 

要旨

「救える命」を見殺しにする医療権力の正体。

患者に慕われるカリスマ医師・万波誠(宇和島徳洲会病院)はなぜ汚名を着せられたのか?

透析患者の希望の光であり、世界的な新潮流である修復腎(病気腎)移植の道を、なぜ日本移植学会と厚労省は閉ざすのか?

-日経連載小説『禁断のスカルペル』のモデルにもなった医療界のタブーに迫る本格的ノンフィクション。

 

内容

第1章 宇和島臓器売買事件-万波医師にかぶせられたいわれなき汚名

第2章 調査委員会-一方的な結論で修復腎移植を攻撃

第3章 生きる権利-無視された患者たちの声

第4章 立ち上がる患者たち-日本移植学会幹部への損害賠償訴訟

第5章 世界に広がる修復腎移植-明らかになった日本移植学会の無知

第6章 執拗な修復腎移植つぶし-背後に見える年間二兆円の透析利権

第7章 日本移植学会の暴走-次々と根拠を失う修復腎批判

第8章 拡大する日本移植学会の矛盾-「救える命」をなぜ救わないのか

第9章 医療権力の大きな罪-患者に「座して死を待て」というのか

 


created by Rinker
¥1,650 (2021/04/14 19:23:00時点 Amazon調べ-詳細)