オリーブオイルの血糖値上昇抑制効果があったかも知れないというデータになりました

食物の糖質(炭水化物ー食物繊維)と血糖値の変化を可視化します

目的について

 


今回の食事

レーズンパン(130g)+オリーブオイル

 

最初にヨーグルトを半分(200g)食べ、レーズンパンを2枚オリーブオイルにつけて食べました

Freestyleリブレで血糖値の変化を測定

結果のグラフです

食事開始後、血糖値の上昇は110分で80gmg/dLの上昇幅でした

※データには誤差を含みます

 

糖質量とGI値は?

糖質量=炭水化物ー食物繊維

ヨーグルトの100g中の炭水化物量は4.6gですので400gヨーグルトの半分の200gだと9.2gになります

レーズンパンの100g中の糖質量は49gになりますので130gのパンだと64gになります

合計の糖質量は73.2gです

 

GI値

食パンのGI値は89ですので高GI値食品です

まとめ

レーズンパン(130g)

  • 糖質量:73.2g
  • GI値:89(高GI食品)
  • 血糖値上昇:70分で55mg/dL

 

このデータだけではなんとも言えませんが、ヨーグルトとオリーブオイルで血糖の上昇が抑えられたのでしょうか、興味があります

 

パン類の糖質vs血糖上昇値の散布図

パン類のデータを散布図にして、今回の食事をプロットしてみました

確かに血糖上昇値が低めになっています

これがオリーブオイルの効果7日バラツキなのかハッキリしませんが

データ数を増やしていけばはっきりするでしょうね