麺類の糖質量と血糖上昇値の散布図を見てある意味驚きました

Freestyleリブレで収集した糖質量と血糖上昇値のデータを食物の種類別に整理しています

 

麺類データの散布図

今回、「麺類」に素麺データを加えて散布図にしてみました

すべての食品を散布図にするとバラツキが大きいのですが、麺類に絞ったグラフではバラツキが小さいことに驚きました

あくまでも自分の場合になりますが(人によっては血糖上昇値(mg/dL)=3 ✕ 糖質量(g)という話もあります)

誤差や他の要因が含まれているにも関わらず、ほぼ血糖上昇値(mg/dL)=糖質量(g)という赤色の点線上に乗っていることがわかりました

右に外れている1個のデータはラーメンの替え玉を追加して糖質量を大きくしたものですが、食後の運動を加えていますので説明がつきます

このグラフから、もしこの時に運動を加えていなかったとすると、血糖上昇値は140位になっていたのではないかと推定できます → リンク

麺類の血糖上昇値と糖質量(炭水化物量)との関係の傾きが自分なりに決まれば、血糖上昇値の推定が楽になり、食生活習慣の検討に役立つものと思います

 

 

ご指摘を頂きました

2型糖尿病の方から「自分の場合は血糖上昇値=3✕糖質量だ」とメッセージを頂きました

個人差が大きいのだということがわかりました

また以下のご指摘も

血糖値の上昇は、バーンスタイン医師の著書「糖尿病の解決」では、以下の様になっています(数値はいずれも平均)。

普通人=1gの糖質摂取で1上昇
2型糖尿人=1gの糖質摂取で3上昇
1型糖尿人=1gの糖質摂取で5上昇

2型で4上がる人もいます。
1型は、たんぱく質でも上がります。

また、1型、2型にかかわらず、ストレスも血糖値を上げます。

以上のことをグラフにしてみました

 

これでいくと自分は「普通人」ということになることがわかりました