肉好きの方に朗報です!!糖質量の少ない肉類はたらふく食べても血糖値スパイクは起きませんでした

食物の糖質(炭水化物ー食物繊維)と血糖値の変化を可視化します

目的について

 


今回の食事

「焼肉食べ放題」にチャレンジしました

肉は健康にいいとか悪いとか諸説あるようですが、その話は横においといて肉を食べると血糖値がどう変わるのかをFreestyleリブレでデータを収集しました

 

食べたお肉はこちらです

いい肉を中心に満腹になるまで食べました

ポイントは、肉と野菜以外はオーダーしていません

 

Freestyleリブレで血糖値の変化を測定

結果のグラフです

食事開始後、血糖値はさほど上がらず100分後に25mg/dLまでしか上昇しませんでした

血糖値スパイクはなしと言えます

※データには誤差を含みます

 

糖質量とGI値は?

糖質量=炭水化物ー食物繊維

肉類の糖質はほとんどゼロに近いです

今回のように10皿以上食べても数gです

したがって血糖値スパイクは起きません

 

GI値

肉類のGI値は45前後ですので低GI値食品です

 

まとめ

焼肉食べ放題

  • 糖質量:数g
  • GI値:45(低GI食品)
  • 血糖値スパイク:100分で25mg/dL

 

このように肉類はどれだけ食べても血糖値スパイクは起きません

ただし、以下の条件があります

  • 食べるのは肉類と野菜のみです
  • ご飯物、麺類、甘味飲料、デザートにスイーツなどを食べると血糖値スパイクに見舞われると思います

以上を守れば、肉類はどれだけ食べても血糖値スパイクは起きませんでした