糖質量と血糖上昇値の関係

Freestyleリブレで収集したデータから糖質量と血糖上昇値の関係をグラフにしてみます

▼元データ

糖質量と血糖上昇値には正の相関が見られます

バーンスタイン医師の著書「糖尿病の解決」によると

普通人は 血糖上昇値(mg/dL)=✕ 糖質量(g)

2型糖尿人は 血糖上昇値(mg/dL)=✕ 糖質量(g)

1型糖尿人は 血糖上昇値(mg/dL)=✕ 糖質量(g)

 

自分のデータ

全データ

 

穀類のデータ

お米のデータです

 

パンのデータ

食パン、菓子パンなど

 

麺類のデータ

うどん、ラーメン、パスタなど

 

野菜・芋類

野菜サラダなど

 

果物類

季節のフルーツ、柿、みかんなど

 

まとめ

分類したグループによって糖質量の多い少ないがあることがわかります

炭水化物(糖質量)の多い、穀類、パン類、麺類などの血糖上昇値が高いことが確認できます

 

自分のグラフから直線回帰式をEXCELで解析したところ、1gで1.31mg/dLの上昇になりました

普通人が1gで1mg/dLだということなので、自分の場合はやや2型糖尿人の入口に入っているのでしょうか